IT関係の話題やその他戯言と日誌

最近のコメント

    Twitter

    今までの私の転職履歴

    京都の私大理工学部電子情報学科を卒業後、地元の京都市に本社がある機械メーカーへ入社
    事務機器や工作機械などを作っているメーカーであった。
    事務機器部門か情報管理部への配属を希望していたが、
    事務機器の工場がある大分のそこの生産技術部へ配属されることに。。。
    はぁ?大分?しかも生産技術?

    (さらに…)

    この冬の東京は雪がちゃんと降ったのは一回だけだけど、
    雪が降るのを見ると思い出す出来事のお話し。

    当時、私はとある日本を代表する重電機器メーカーから受注した仕事で
    ダムの放流通知通報システムってのを手掛けていた。

    (さらに…)

    前回に続いて結婚にまつわる話。

    この事件があった当時はまだ私はその部署に配属されていなかったんで
    あとで同僚に聞いた話になる。

    T技術主任という当時の私の直の上司がいた。

    ある週末金曜日の夕刻、
    A課長がT技術主任を自分の机に呼び出し休日出勤を命じた。

    A課長:「T、すまんが明日の土曜日、休日出勤してくれんか」



    毎日のような終電寸前までの勤務や
    休日出勤が日常化している部署だったので
    このやり取りはほぼ毎週だった。

    (さらに…)

    昔の会社で一緒に働いていた先輩の話。

    仮にK先輩とする。

    K先輩は面白い人だった。
    体のほとんどが冗談で構成されているようなひとで
    行動も発言も発想もつねにジョークとともにあった。

    そのK先輩に聞いた話。

    当時、九州のとある半導体工場で自動搬送ロボットの最終調整の仕事をしていたそうな。
    自動搬送ロボットってのは半導体工場のクリーンルーム内で
    ラインから別のラインへ部品を上に乗せて運ぶちょっとしたロボットで、
    その制御プログラムの最終調整をしていたらしい。
    で、ラインは実は別のメーカーのもので当然接続が一発でうまくいくわけもなく
    工場の稼動も迫っているのにぜんぜんうまくいかなくて炎上していたらしい。
    そこをK先輩はなんとたった一人で対応していたらしい。
    ほとんど一週間、工場に泊り込みで風呂にも入らない状態で!
    お客さんもカンカンに怒りっぱなし。



    実は、その日、先輩は京都で午前中に結婚式でした。
    でもまだ九州にいた。。。

    (さらに…)

    公告